快適納戸生活// 手の届く範囲にある事柄から宇宙の果てにある事柄までノンジャンル!目標は月2回更新!!!

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

山椒魚

Author:山椒魚

最新記事

最新コメント

コメントいただけるととても喜びます。批判・反論だとさらに喜びます!

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

カウンタ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-) |


2012/03/17 (Sat) 文脈とコンテキストの間の○○○な壁

2月はリア充月間だったので久しぶりに更新。
仕事中に行き着いたblogにて、面白いエントリを読んだのでメモメモ

文脈論、または文法におけるその欠如、または"I love you"を日本語に訳せない理由

コンテクスト。
大学時代、何かを議論する際に非常に意識させられた概念なので思い出深い。
 >愛を信じ、言葉を疑う人々が話すのが日本語
には強く同意。
常々日本語の会話におけるコンテクストの頼り具合は
日本文化のひどく大切なもののひとつの現れだと思っているので
「愛」と表現されると、たぶん個人的に、嬉しい。


ちょっとだけ補足メモ。

 >文脈に対する話者の態度が、文法にどう反映されるのか、ということだ。

もちろん普通の人は他人の心(コンテクスト)が読めないので、
ここで言われる「文脈に対する話者の態度」とは
『「話者のコンテクスト」に基づいて影響される話者の身振り口振り表情などの態度』
ということだろう。
くどいかな。
そして、それが「文法にどう反映されるのか」とは
『文法論においてそれらがどう研究されているのか』と解釈。

このことに対して自分は、
始めはこのエントリについていたコメントにあった通り、
 >文脈(context)から影響を受けるのは意味(semantics)であって、
 >文法(syntax) はそれとは直接関係ないでしょう。

に頷きそうになったのだけど、
いやいやいや、
待てよ。
と。

このコメントを付けた方は、おそらくプログラミング言語に造詣が深い方なのでしょう。
だから
 >文法(syntax)
と書いた。
情報科学などまるで勉強したことのない自分としては 文法=syntax とはならないです。
上記のコメント自体は確かに間違っていない、と思います。
しかしこのエントリを書いた小飼弾氏としては本文から察するに 文法=grammar

さてここで疑問。
文法(grammar)って、何処までをカバーしてるの?
生憎自分にはそこらへんの知識などないもので、とりあえずwikipedia先生に訊いてみました。

うへぇ。
広いわ、広い。
ということでやっぱりカバーしてます。
たぶん認知文法というのがコンテクストを研究してる文法分野ということになるじゃないんでしょうか。
詳しい内容は割愛。
すみません。ちょっと面倒くさくなった。
ただ、これがエントリのラストで緩募していた「少し文脈を考慮した文法論」にあたるのではないかな、と。
この研究内容に満足戴けるかどうかは大いに別として。

で、
そんなことより(!)実は個人的に気になった部分は全然別のとこにあるのです。

 >「文脈」を日本語版Wikipediaで引くと、「コンテクスト」に転送される。

えええええぇえええ!!!本当に?!

ホントでした。
吃驚です。
確かに「文脈はコンテクストである」はその通りだと思います。
ただ「コンテクスト=文脈」ではないので問答無用に転送は如何なものか。
いやいや、
言葉というのはいきものであるからにして意味がかわってゆくのは止められぬこと。
もともとは『「コンテクスト=文脈」ではない』のは周知の事実であったのが
「文脈」を「context」と訳すようになって
それを逆に訳すときに広義の意味にあたる「context」に「文脈」という言葉を間違えて当ててしまい、それが広く伝わってしまったのかもしれない。

ちょいと「文脈」を検索してみたんですが、大概が躊躇いなく「コンテクスト=文脈」と使っておりました。
上記エントリでも「コンテクスト=文脈」で書かれてます。
悩ましいです。

違うはずなんですよ。
「越えられない壁」じゃないですけど
「文脈」と「コンテキスト」の狭間には光学迷彩の壁があるはずなんです。

ということで
「文脈」と「コンテキスト」の違い。
徹底的に整理してみたくなりました。
ちょっと長くなったのでここで切りまして次回へ。


と、
以前ここまで書き散らしまして、その後色々と「文脈」と「コンテクスト」について軽く調べてみたのですが、
どうも、
もしかしたら、
自分の認識間違っているかも…という非常に無責任な結論に至りまして。。。
簡単に整理します。

・「文脈」という言葉には元々<文章の前後の続きぐあい>という意味で、書き手・話し手の思想背景などは含まれないテキストとして書かれていることを指していた。
・しかしそれから解釈が拡大し、現在使われるような表面からは目に見えない思想背景や空気、共通認識などを主だって指す言葉として使われるようになった。
・という移り変わりが起きている。
・しかし一方の「コンテクスト」はもともと目に見えない思想背景などを指す言葉であり、両者の指す意味は多少の差がある。

というのが個人的な思い込みだったんですが、
コレを主張するためには「コンテクスト」が「文脈」と同じような意味の移り変わりが起きていないことを示さなければならないんですが、
この証拠が見つけられない。
というかもとのラテン語とか古い文献とか、面倒。
どうせ言葉は日々変化するものでコレを調べるのも完全なる自己満。
ということで少なくともすぐに調べられないし、とりあえず挫折です。
気が向いたら調べます。

22:55 | 未分類 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | おててのしわとしわを合わせて~>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://sansyouuo26.blog.fc2.com/tb.php/5-0e5b7e6c

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。